観葉植物の育て方について

観葉植物というのは室内で見て楽しめる植物のことです。


光がそれほど当たらなくてもきちんと育つ、比較的育ちやすい種類が多いです。
しかしながら、きちんとした水遣りの方法を守っていなければ、観葉植物も枯れてしまいます。観葉植物を購入したら、ジョウロと霧吹きスプレーも一緒に購入しましょう。

霧吹きスプレーがあれば葉に水を与えることができます。

水やりの基本は、土が乾いていたらたっぷり与えること。受け皿に水をためないこと、です。これを間違えると枯らす原因となってしまうのです。
土の表面がさらさらしており、触ってみて湿っていなかったら水やりをおこないます。

湿った状態でもかまわず水やりしていると根が酸素不足になり腐って枯れてしまうのです。


土から養分や水分を吸収するための根毛も発達せず貧弱になってしまいます。


ただ、観葉植物の種類によっては湿気を好むものもあるので注意が必要です。

受け皿に水が浸みだしてくるくらいの量がたっぷり、と言われる分量です。

それだけの量を与えることで根の隅々まで水が行き届くのです。
ただ、受け皿にたまった水はすぐにすてるようにしましょう。

観葉植物のレンタルの最新情報を掲載しました。

根が腐る原因となります。

水やりの際に、葉水もセットで行ないましょう。

さらに身近になった観葉植物のリースの最新情報が揃っています。

葉水というのは葉っぱに霧吹きスプレーで直接水をかけることです。

観葉植物リースが評判になっています。

葉だけでなく茎や幹にも霧吹きします。

観葉植物の多くは熱帯湿潤地帯に自生しているものなので、その環境に近づけるのです。

葉水は毎日与えたほうが更に生き生きしてきます。